タイトル通り不定期な「気まぐれな日記」です。無線、バイク、スキー等…ご意見・ご感想はBBSに書き込み願います。

HOME Image TitleList Calendar BBS Links
■2014年07月29日(火)20:58  PIN抜き
 旧いPCで遊ぶのが趣味です…今日はSlimタイプのCD-ROMドライブのMasterとSlaveを強制的に改造しました。純正のCD-ROMドライブが次々壊れ?動くけど起動DriveにならないCD-ROMドライブが手持ちにあり何とか活用しようとNetで情報収集すると「47Pinと45Pinを接続する」と「47Pinを抜く」が見つかり最初にハンダで接続したけど変化なし…ドライブの破壊覚悟で47Pinを壊して抜くと無事にMasterとして認識し起動ドライブに変身しました。調子に乗って2台改造しちゃいました(;^ω^) PC本体が壊れるまで大丈夫でしょう。

■2014年07月27日(日)12:46  移動運用
mb_0728124643.jpg 320×180 27K 今日は、一関市の室根山でJA7ZRY気仙沼アマチュア無線クラブの移動運用をしてます。気仙沼市内は30℃を超す気温でTシャツに短パンで登って来てみたら…24℃位で風が強く吹いていて体感的には20℃以下かも。JA7JSKさんが場所取り?で午前4時に登頂していたと聞き尊敬しました。震災以降に室根山の山頂へ来たのは初めてかな…見慣れないアンテナ群が増えていました。VHFはJSKさんが準備済みなので7MhzのDPを設置したところ時々強力なパルス波でブロックされまともに聞いてられない状態でした。何時ものようにJG7MYIがOPするもCondxが悪いのか応答も無いので挫折しアイボール会となってしまいました。早々に切り上げBBQへ…のつもりが予約しないとNGってことで残念ながら隣接する食堂で昼食をとり下山しました。
参加は JA7FTR&XYL,JA7JKW,JA7JSK,JG7MYI,JN7FLS...JR7ANB

■2014年07月26日(土)22:10  Rig Control
 やっとTS−950SDのRigコントロールが出来きましたた。ネットに出回っている回路通りの結線でOKでした。スマートに接続しようと出来合いのインターフェースも仕入れましたが上手くいかず??でした。IC−7000はそのインターフェースで上手く動くのでインターフェースに問題は無いと思われます。自作したケーブルがNGなのかな…Hamlog、Zlog等でLogが連動するのは入力ミスせず良いですね。
 またエレキーにPCのCWインターフェースを並列接続出来るように改造し上手く出来ました。シリアルインターフェースも作成し動作OK…欲張ってRigコントロールの空きPINを利用した所同時使用は無理でした…良く考えれば当たり前ですね…どっちもCOM1だもの(^^ゞ。これでZlogのパラレル接続のインターフェースとWin98から開放されそうです。

■2014年07月23日(水)11:51  抜かれた…
今日も歯医者さんに来ました。最初は前に治療した下の右奥歯の歯が欠けて通院しましたが最後の仕上げ前にビールのつまみにビーフジャーキーをかじったら…骨付き?…また歯が欠けた orz
今度は反対側の左下奥歯です。こちらも前に治療したやつ同じ時期に治療したものだから…今回も同じタイミングとは…右奥歯は何とか神経は残せましたが左奥歯はあっさり抜かれてしまいました…どうりで麻酔したのに痛い時があった筈です。
頭の神経が1本足りなくなりました (^-^ゞ

■2014年07月15日(火)19:45  ドッグ入り
 昨日、今年も人間ドック入りしてきました。日頃の不摂生とストレスでガタガタ?です(^^ゞ

■2014年07月06日(日)20:01  復活
grp0706203609.jpg 180×320 14K 今日は所要で仙台まで激走250Kmし帰宅後の作業でTS−520Vが復活した…と思う。
 某オークションで整流基板とVOX基板を探しましたが故障の原因が落雷なので基板セットをポチりました。今日到着し早速基板交換…と思ったらS/V用じゃなくD/X用でした('◇')ゞでも基本的には同じなんで良しとしましょう。厳密に言えばやはり違うもの…なのでユニット交換じゃなく必要な部品の移植を決行しました。
 まず、整流基板のDiブリッジの交換しました。Diは4本とも破裂して破断してました。交換は成功…14Vラインの出力が有りません…向きが逆?と思い組み直し…やはり無し。でもブリッジの出力にマイナスが…やばい。でも14Vラインにはマイナスも届いていない…良く基板を見るとパターンが蒸発して無くなってました(画像参照)Diの向きを直しジャンパーを飛ばしたら無事に14Vライン復活し受信できる状態になった。続いて送信状態になりっ放しのVOX基板に取り掛かる。リレーへの配線を戻し、リレー駆動用のTrから逆に1個づつ交換を決行することにした。外したTrをテスター確認するとあ・や・し・い…届いた基板から同じTrを外し比べると明らかに変であるのでとりあえず交換…おおっ!電源入れても受信状態のままです。PTTを操作すると送信に切り替わります。VOXもOK、CWブレークインもOK。送信も大丈夫そう…CWのキャリアにハムがのっている様にモニターしてるRXから聞こえるが…取りあえず修理完了にしよう('◇')ゞ

■2014年07月04日(金)18:47  お次は…
内部で発信気味のFT−707Sの対策をしました。RF基板とIF基板が結合?するのか組み立てて近づくと「ヒューヒュー」って震えながら発信してSメーターを振らせ聞き辛い状態でした。記事が気になって入手してたHJ誌No107のJA1MOW局が書いた記事の症状に似ていたのでリングダイオードを交換してみました。結果はOKで症状が消えたと思われます。でもリングダイオードを外す時に加熱しすぎた?ためにパターンが剥がれてしまう(-_-;)外した時の状態を記録しわすれ当てずっぽう入れたら滅茶苦茶感度低下('◇')ゞ…不鮮明だけどダウンロードしたサービスマニュアルを参考に足の番号を合わせて付け直したらGoodでした。リングダイオード5個買っておいたけど1個を無駄にダメにしてしまった(涙)が気になった症状が消えて良かった。これでちゃんと調整できる…かも(;^ω^)

■2014年07月03日(木)15:04  復活の兆し
2014070315070000.jpg 320×180 43K やっとこTS−520V改を持ってきて落雷の被害状況を確認しました。まず、整流ユニットのAC14VのDiブリッジ4本が砕けてました…低圧DCライン全滅。高圧回路は正常値を出してるので問題無しか?。VO3Cが手持ちにないので直接DCラインに12Vを流してみた。AFアンプは生きているようでAFボリュームを弄るとSPからガリガリと音を立てたが無音…。でも電源接続時にリレーの動作音がする。FIX−AVR基板のマイナス電源も正常(買った直後芋ハンダで発信が停止して無音になったっけメーカーに送るも症状なしで帰ってきたので自前で修理して30年です)。受信状態にもかかわらず送信状態にもなってる…VOX基板のRL端子のラッピングを外して強制的にリレーを止めると…聞きなれたノイズ…アンテナをつないだらちゃんと聞こえ復活の兆しありなのでここでやめ。部品を手配しようかと思ったけどJUNKで基板ごと変えたほうが良さそうですね。

過去ログ 2002年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 11月 
2005年09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月